ブログトップ
ウクレレ抱いた渡り鳥
wshakoda.exblog.jp
“えびす丸”の美味いもの、その三
e0114208_11262184.jpg

「しゃっぱ」。
佐賀では「しゃこ」のことを「しゃっぱ」と言うのである。
どのあたりの地域までこう呼ぶのかねえ。
私の知る限りだと茹でて食べるのが一般的かと思うけど、こちらでは甘辛に煮付けるのである。
甘辛過ぎない、優しい良い感じの味付けだなあ。
この煮汁で素麺を食べるんだそうな。
さぞかし美味かろう。
口にとげが刺さりながらも殻までしゃぶり「しゃっぱ」の旨味を吸い尽くす!
ちっちゃいけど爪の肉も食べちゃう!
いやあ、美味ーい!
「しゃっぱ」と言えば、その昔、ウシャコダのファンクラブが存在し「シャッパーズ」という名称だった。
信じないかも知れないが、作り話ではない。
悪い冗談でもない。
ウシャコダが三十年程前から佐賀県玄海町に深い縁があることは前にも述べた。
当時ウシャコダは、九州ツアーの折、所属していた㈲サロンゴ・ミュージックの社長、木下茂氏の玄海町の実家に長期間滞在していた。
その時に木下氏のお父さん、言わば会長の実行さんが「ウシャコダならシャッパーズ」と命名したのである。
それにしても、すごい名前だよなあ。
会員証なんか作ったんだっけかなあ。
ぜひ「シャッパーズ」の会員だった方に名乗り出ていただき、当時の証言をしていただきたい!
[PR]
by wshakoda | 2009-07-21 11:26
<< “えびす丸”の美味いもの、その四 “えびす丸”の美味いもの、その二 >>