ブログトップ
ウクレレ抱いた渡り鳥
wshakoda.exblog.jp
津山市伏見町“とんき”
e0114208_13184133.jpg

大佐山フェスティバルを終えてから、湯原温泉郷の“足(たる)温泉”へ立ち寄った。
温泉宿が数える程しかない小さな温泉だが、ヌルっとした感じの良いお湯だった。
その昔は、傷を負った武士の湯治場だったそうな。
このあたりの小さな温泉も面白そうである。
津山“もり田”へ着いてリハーサルを済ませた後、前回食べて大のお気に入りとなった、とんかつの“とんき”へ。
看板に「高く」が逆さまに書いてある通り、安くて美味い!
[PR]
by wshakoda | 2008-06-12 13:18
<< “とんき”のロースカツ定食 大佐山フェスティバル >>