ブログトップ
ウクレレ抱いた渡り鳥
wshakoda.exblog.jp
2008年 04月 17日 ( 1 )
“リンダ亭”
e0114208_4315548.jpg

九州腰痛墜落事件。
あの悪夢から、早二ヵ月。
やっと社会復帰した「ウクレレ抱いた渡り鳥」は、北陸ツアーから戻るやいなや、お詫び行脚に九州へと飛んだ。
初日、原田の“ジェ・ノイル・バー”には、頼りになる影武者ギタリスト、児玉さんがいる。
毎回、一緒に演るたびにレパートリーが増えて行き、歌ってる本人が普段やらない曲が出て来たりなんかして、勉強になりまーす!
って、反対だろうが!
ギターとベースを教えている児玉さんの生徒さん達が、わざわざ福岡市方面から大勢さんで来てくれた。
私より年配の生徒さんが、曲の途中、口ベースを絶妙のタイミングで入れたりなんかして、ライブ開始早々から、良い雰囲気でメートルが上がってるねえ。
オーナーの大石さんもウクレレで参加して、楽しく盛り上がった。
毎回、良い感じだなあ。
さて、翌日の昼飯は“ジェ・ノイル・バー”の近くにある“リンダ亭”である。
さぞかし、リンダ困っちゃう的なケバイど派手なおばちゃんが、一方的なハイ・テンションでぶっ飛ばしているお店なんだろう、なんて勝手に思い、ちょっとだけ期待していたが、林田さんという、ごく普通のおばさんがやっているから、リンダなのであった。
がーしかしっ!ここの飯はヴォリューム満点だし、美味ーい!
写真は、一番人気の「ふぐ&えびのフライ定食」。
ふぐのフライ?!
[PR]
by wshakoda | 2008-04-17 04:31