ブログトップ
ウクレレ抱いた渡り鳥
wshakoda.exblog.jp
<   2007年 04月 ( 23 )   > この月の画像一覧
そば三昧!
e0114208_212465.jpg

文字通りの三昧目は「さらしな」。
白く美しく腰があり美味。
だけど、香が高くて食べごたえのある「田舎」が私としては一番だなあ。
そば三味の後「馬刺し」のおみやげまでいただき韮崎へ向かった。
到着の後にホテルの部屋で「馬刺し」で一杯!
古川でフルコース→諏訪でそば三昧→韮崎のホテルの部屋で馬刺し=やりすぎ!
当分粗食の日々を続けます。
[PR]
by wshakoda | 2007-04-24 21:24
中華にカレーの次は、そばだ!
e0114208_217887.jpg

飛騨古川でフルコースを食べた後、一路、山梨県の韮崎へ。
22日の昼間に、木下航士のコンサートがあるので前日入りするのである。
途中、諏訪で高速を下り、久しぶりの知人に会うために寄り道だ。
諏訪と言えば奇祭“御柱=おんばしら”がある。
過去に何回か見物したことがあるが、まことに危険な祭である。
乱暴な説明だが、諏訪大社に建てる巨大な御神木を山から切り出し、それを引き歩き、何故か崖から落とし、川を渡り、最後に大社に建てる、というものだ。
何が危険かって、その巨木には大勢人が乗っているのだ!
それをそのまま崖から落とすのである。
骨折なんて当たり前!
川を渡る時には浮かんでこない人がいたという話もある。
“起し太鼓”も奇祭だか、なんで皆巨大な物に乗りたがるのかねえ。
巨大な物に乗り、それを動かし、しかも危険!
祭の血を騒がせ、駆り立てる三要素か。
次の“御柱”は三年後とのことだ。
知人に連れられ行ったのが、上諏訪駅近くにある、手打ちそばの“更科”。
写真手前は「田舎」奥は「せいろ」である。
「田舎」はそばの香がひときわ高く大変美味でした。
[PR]
by wshakoda | 2007-04-24 21:07
カレーを食べてカララララ!
e0114208_9254395.jpg

カレーソングばかり収録したCD「CURRY BLOW」の『カレーを食べてカララララ』を聴いてみていただきたい。
エンディング間際に「飛騨の古川、壱之町珈琲店、カレーとメロンパン!」と歌っているのを知っていましたか?
なぬ?持ってない?
今すぐ購入していただきたい!
牧伸二先生の迷曲(?)『インド人もビツクリだ』も入ってます。
飛騨牛と飛騨のじゃが芋の入った、こくのある美味しいカレーです!
古民家を改造した店内は、落ち着いた良い雰囲気で和みます。
古川へお越しの際は“さか江家”と“壱之町珈琲店”でフルコースをお試しあれ!
[PR]
by wshakoda | 2007-04-23 09:25
祭も終わり。
e0114208_9251359.jpg

4月21日(土)
二日間晴れ渡り、良い祭だった。
さすがに酒が弱くなったなあ。とは言え結構呑んだけど。
初めて祭に来た頃は“起し太鼓”の順路を先回りして知り合いの家に上がり込み、酒と料理をご馳走になりながら二階から“起し太鼓”を見物。そして次の家へ!
なんて、何軒上がり込んだんだかわからない程呑み歩いたもんだ。
呑んで騒いで馬鹿なことを散々やってたなあ。
さすがに皆歳をとったし、何かと忙しくなったりでおとなしくなったもんだ。
さあ、古川を去る前にフルコースを食べなきゃ!
前菜は「駅前“さか江家”あきちゃ~ん!」の中華そば!
毎日食べたい程大好き!
あー、また当分食べられないなあ。さすがに車だし、熱燗は無し。
そしてメインディッシュは“壱之町珈琲店”のカレーである。
私のCDをお持ちの方はジャケットを見ていただきたい。
制作は“壱之町クラブ=Ichinomachi Club”となっている。
その謎のクラブがこの店内に存在する。住所はまさしくここである!
[PR]
by wshakoda | 2007-04-23 09:25
飛騨と言えばこの人!
e0114208_18471977.jpg

バンバンバーン、バンバンババババン、バンバンバンバンバンバンバン、“バンバケンジ”!
ついに正体を明かしてしまった。
秘密にしとこうかと思ったけど、生誕五十年記念特別御開帳、ってことで。
祭も終わり、飛騨牛串焼きののぼりを片付ける“バンバケンジ”氏である。
正体を見た皆様の感想をお聞きしたい。
[PR]
by wshakoda | 2007-04-20 18:47
古川祭
e0114208_18305858.jpg

昨晩は“起し太鼓”の最後の納めまでしっかりと見届けた。
夜の9時半に出発して町中を練り歩き、終了したのが夜中の1時過ぎ!
昔はもっと遅い時間から始まり朝方近くまでやっていたそうな。
文字通り叩き起こして歩いた訳だ。
そんな荒々しい、動の“起し太鼓”から一夜明けた20日は、きらびやかな屋台が町を彩る静の祭となる。
ここ数年雨続きだったが、今年は二日間ともよく晴れた良い祭だった。
写真は、荒城川にかかる今宮橋の上に並ぶ屋台。
今年は桜が例年よりも早く咲き、丁度見頃となり、とても美しい光景だった。
[PR]
by wshakoda | 2007-04-20 18:30
まさに、目の前通過!
e0114208_134748.jpg

町中をこれが練り歩くのである。
それを誰も否定しないのである。
夜の夜中にである。
「明日はお祭りだ!みんな起きろ!」
というのが起源らしい。
祭なんだから起こした方が良い!
ん……て言うか、すごい!
起きろ!祭だ!
てめえらしっかりやれよ!
これぞ祭だぜ!
[PR]
by wshakoda | 2007-04-20 01:03
“起こし太鼓”
e0114208_0282183.jpg

巨大な太鼓の上に人が乗ってたたいているのだ!
[PR]
by wshakoda | 2007-04-20 00:28
これが“起こし太鼓”だ!
e0114208_024050.jpg

21:30過ぎに、祭り会館前の広場を出立したところ。
[PR]
by wshakoda | 2007-04-20 00:24
古川の屋台
e0114208_1920830.jpg

古川の一之町の通りに、九台の屋台が提灯をつけて勢揃い。
こじんまりした町の細い通りに屋台が並ぶ様は、決して派手ではないが、演出ではない昔ながらの祭りというもの感じさせる。
[PR]
by wshakoda | 2007-04-19 19:20