ブログトップ
ウクレレ抱いた渡り鳥
wshakoda.exblog.jp
<   2008年 05月 ( 30 )   > この月の画像一覧
汗と共に毒素が抜ける!
e0114208_0352695.jpg

あー、ぢもぢいいーっ。
飲んだ翌日、胃が疲れていない限り、辛~いカレーを食べて汗をかくと、バコーンと頭が覚醒して復活するねえ。
正に、毒素が抜けていく感じ。
昨晩、“八木カレー”の旦那の八木ちゃんは、一人かなりメートルが上がってた。
最後は踊ってたもんねえ。
さぞかし今朝はつらかったことであろう。
八木ちゃんの飲んだ翌日の定番は、カツ丼だそうである。
うーん、気持ちはわかるけど、かなり危険な選択だよな。
内蔵回復度調査が完了しないまま、胃袋の本心も聞かず、気持ちばかりが先走って、体調完全復活宣言しちゃってる時があるからねえ。
そんな状況でのそば屋は危険が一杯。
最初は、疲れた胃の粘膜に優~しく「とろろそば」だな、なんて思って入ったのに、 壁に貼ってある「カツ丼」の文字に男気が反応しちゃって、胃袋の気持ちなんて完全に無視!
セット・メニューに「カツ丼+そば小」なんてあった日にゃ、一石二鳥だ!なんて勘違いして、後で具合悪くなったりしてね。
更に、中途半端に体調が良かったりすると「そば焼酎のそば湯割り」かなんか飲んじゃったりして、振り出しに戻る!無限地獄に突入!
あ~あ、またやっちまったーっ!てことになる。
この歳になっても、そんなことがたまにあるから恐ろしい。
さて、“八木カレー”でスカッとした後、ケイちゃん&フーちゃんに空港まで送ってもらい、熊本を後にした。
スーツの出来上がりが楽しみだなあ。
どんなスーツか「松戸一揆其の四」のステージで御覧あれ!
[PR]
by wshakoda | 2008-05-28 00:35
毎度お馴染み“八木カレー”!
e0114208_14304552.jpg

メキシカンの後は、熊本でディープなブラック・ミュージックと美味しい料理をを味わえる“YAZOO”へ。
最後はここ、ってえのも定番だね。
すごーく久しぶりに、ルーサー・イングラムを聴いた。
「If Loving You Is Wrong」は名曲だなあ。
結構好きなんだよね、この人。顔つきは普通じゃないけど……。
な~んて言いつつ、ベイビー・フェイスはどうなんだ???
翌日は当然“八木カレー”である。
ケイちゃん&フーちゃん夫婦と待ち合わせ、今日は、野菜とベーコンの辛口。
[PR]
by wshakoda | 2008-05-26 14:30
エビチリを食う私
e0114208_13591039.jpg

手づかみでガブッと食べて、指についたチリ・ソースをペロリ。
セルベッサはメキシカンだから、XX=ドス・エキスのアンバーなんだなあ。
メニューには他にも、美味しそうなものが色々ある。
また来たいね!
[PR]
by wshakoda | 2008-05-26 13:59
メキシカン・エビチリ!
e0114208_12554210.jpg

普通、エビチリと言えば中華であるが、なんとメキシカン!
何ーっ!?と意表をつかれ、これまた美味ーい!
エビは熊本県を代表する魚だからね。
エビそのものが美味いもんね。
[PR]
by wshakoda | 2008-05-26 12:55
タコス五点盛り!
e0114208_3291292.jpg

真ん中の三つがソフト・シェル、外側の二つがハード・シェル。
具が、牛肉のオレンジ煮、ラム、マグロのサラダ風、とか色々あって、それぞれ美味ーい!
タコスと言えば、ニュー・オーリンズ・ジャズ・フェスの会場の屋台で売ってるビーフ・タコスが大好きで、行ったら必ず食べてたけど、タコスにも色々と種類があるのね。
あー、また食べたーい!
[PR]
by wshakoda | 2008-05-26 03:29
ワカモレ
e0114208_305383.jpg

アボガドがベースになったディップ。
美味いんだなあ、これが。
まずは、これをつまみながら、セルベッサ。エビスの生で乾杯!
メキシカンな夜がスタートしました!
考えてみりゃあ、本格的メキシカン・フードなんて食べたこと無いよなあ。
ここ熊本で味わうことになろうとは思わなかった。
[PR]
by wshakoda | 2008-05-26 03:00
“プラサ・デル・ソル”
e0114208_241198.jpg

今回の熊本の夜はメキシカン!
“ケイズ・クロージング”のケイちゃんと“八木カレー”夫婦と四人で、本格的なメキシカン・フードの店“プラサ・デル・ソル”へ行った。
写真は、下通のアーケードに立つ、店案内のアミーゴと仲良く肩を組む私。
[PR]
by wshakoda | 2008-05-26 02:41
熊本ラーメン“赤のれん”
e0114208_2394038.jpg

先月末、熊本に来たばかりなのに、またしても来てしまった私である。
ライブがあった訳でも無いのに……それじゃあ、何故また熊本に!?
ラーメン食いに?
そんな訳無かばーい!
んー何故なら!
6/14の「松戸一揆其の四」用の衣裳を作りに来たのだ!
専属スタイリスト、Moccolyが見立てた、オオォォー!って感じの生地を、熊本の“ケイズ・クロージング”でスーツに仕立ててもらうのである。
ケイちゃん&フーちゃん夫婦がやっているこのお店は、格好良いT-シャツやアロハ・シャツの品揃えは抜群だし、オリジナル・ジーンズも作れちゃうという、かなりいかした服屋さんなのである。
でも、町中からは遠いし「えーっ、何でこんな所に!?」って田舎にあるから、絶対に一人では行かれないのである。
どんなスーツかは「松戸一揆其の四」を観てのお楽しみなのだ。
仮縫いを終え、町まで送ってもらい、ラーメンである。
この前行った“天和”でも良いかなあ、と思ったが、“赤のれん”に決めた。
以前は、とてつもなく古ーい建物が密集する飲み屋街の一角にあったのだが、そこがキレイサッパリ取り壊されて、まったく味気ない景色になってしまった。
結構好きなエリアだったのにねえ。
近所に移転していたので入ってみた。
くせの無い、オーソドックスな熊本ラーメンという味であろうか。
ここと比べたら“天和”はかなりオイニーがツイキーでパンチ力があるな。
好き嫌いは別として。
[PR]
by wshakoda | 2008-05-25 23:09
Jive!
e0114208_2172821.jpg

これぞ、Jive!なポーズである。
って、いい歳こいてアホな感じなだけなんだけどね。
何かに、Jiveの条件として「アルバム・ジャケットの写真は、天を仰ぎ、大口開けて笑っている」なんてのが、書いてあったような無かったような。
まあとにかく、二人揃って同じようなポーズをとっているんだから、これがJiveなポーズに違いない!
もう二十数年以上前、ごく限られた愛好家しかいないような頃から、Jive!Jive!って二人で言ってたもんねえ。
あぁぁーっ!スリム・ゲイラード、って書こうとしたら「スリム・芸ラード」って変換したっ!
なんだか、すごく嬉しーっ!
そのスリム・ゲイラードが来日した時、二人でインタヴューに行って、その夜“次郎吉”に師匠が現われて凄いセッションしたねえ。
なんて、若い人が聞いたら「何、年寄りがありもしないこと言ってんだ?ボケてんじゃねえの?」って言うかもね。
まあ、あの頃はまだ良かったねえ。
辛うじて生きてる人がいたもんね。
キャブ・キャロウェイも来日して、初日は元気だったし。
なんと、サインもらったし!
今じゃ、Jiveってたって、どこにも本物がいねーじゃねーかっ!
えーいっ!責任者出て来ーいっ!
って、人生幸郎してもしょうがない。
え?どうすれば良いかって?
日本一のJiveが観たけりゃ、俺のライブを観に来やがれ!
[PR]
by wshakoda | 2008-05-23 02:17
渋谷“クアトロ”の楽屋にて
e0114208_039552.jpg

吾妻光良 & The Swinging Boppers のライブにゲスト出演した。
昨年9月、鶯谷2Daysの時の、二日目本番間に合わず事件の雪辱戦である。
それにしても、なんという大入り満員状態!
こんなクアトロ久しぶり、って言うか初めてかなあ。
入り口近くの道端でヒッチハイクか?と思ったら「チケット譲って下さい」って紙に書いて立ってる女の子までいたもんね。
すごいもんである。
お客さんは老若男女入り乱れて様々。
昔からの人も、最近からの人も、皆それぞれ楽しそうに盛り上がってる。
ステージ上には、50歳を過ぎたおじさん達が十数人。
まあ、私を含めて、昔から変わらぬメンバーが、不公平無く均等に歳をとったってことなんだけどね。
時代の流れを感じるねえ。
[PR]
by wshakoda | 2008-05-23 00:39