ブログトップ
ウクレレ抱いた渡り鳥
wshakoda.exblog.jp
<   2009年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧
やっぱり今日も“安全食堂”
e0114208_1291970.jpg

“いまとみ”の打ち上げでのホルモン、久留米“ひがし田支店”の骨付きカルビ、と結構ガツンとした肉系が続いて胃袋もいささかグロッキー気味ではあるが、翌日の昼には“安全食堂”でラーメンと焼き飯である。
当然、替え玉あり!
しかし、心配な出来事が!
いつも焼き飯を専門に作っているおやじさんがいないではないか?!
そのせいであろう、なんだか厨房内のコンビネーションが良くないような感じだ。
ラーメンを注文してから出て来るまで、いつになく時間がかかったしなあ。
後に得た情報によると、おやじさんは倒れられたとのこと。
いやあ、早く元気になって復帰されることを祈るばかりである。
[PR]
by wshakoda | 2009-06-23 01:29
名物、骨付きカルビ!
e0114208_045626.jpg

ついに、目の前の炭火の上で焼きまくられていた肉が私達に配給される時がやって来た!
骨付きの肉を切り分け、それを各自の皿に盛られたキャベツの上に乗せて行く……のだが、乗せて乗せて、もっと乗せて、まだ乗せる?
更に乗せて……え!まだ乗せる?
これで一人前?
800円?
いやあ、やられた~!
10~20代の現役体育会系部員なら大喜びで平らげ追加注文するところだが(事実、隣の若い男子二人組は追加注文していた……)さすがに52歳の胃袋にはきついなあ。
かなりの喰い応え……なんてもんじゃない!
最後は味わうなんて余裕も無く、流石の私もなんとかクリアー!
二人で一人前で十分だったかなあ……って軟弱?
とか言っといて最後にカルビクッパを食べた我々ってなんなんだろう?!
大馬鹿?
[PR]
by wshakoda | 2009-06-21 00:45
まずは肝刺し
e0114208_23572641.jpg

炭火の上の肉が突撃して来る前に、馬のレバ刺しである。
美味い!
なんて喜んでるのも嵐の前の静けさ。
この後、予想もしない攻撃が我々を待ち受けていた!
[PR]
by wshakoda | 2009-06-15 23:57
久留米“ひがし田支店”
e0114208_1911443.jpg

鹿児島“T-BONE”でいつも共演する「T-BONE PLAYBOYS」の名物男、謎のサモア人マミー。
実は今、彼は久留米にいるのである。
謎でもなんでも無い、今年度から転勤になったのである。
もともと久留米出身のマミーに案内され、自転車で夜の町の探索に出発!
何度か久留米には来ているけど、飲み歩いていないからねえ。
どんな物に出会えるのか楽しみである。
そしてやって来たのが“ひがし田支店”だか゛、なんだこの、あたり一帯煙ボーボー状態は!
お店の外に肉を焼く煙がモクモクと排出されている!
外までこんなじゃ店内はさぞかしすごいことになっているのであろう……と踏み入れば、隣の人が見えない程に霞がかかり、手探りで生ビールを飲む様な状況……な訳無い!
いやあしかし、こんなに煙モクモクのお店って久しぶりだなあ。
楽しくなってくるねえ。
目の前の真っ赤に燃える炭の上で、大量の肉が次から次へと焼かれ、それを片っ端から豪快に喰っていくのだ!
味わう……なんてそんな悠長なことを言ってる場合じゃない!
とにかく喰って喰って喰いまくれ!
まさに消費だ!摂取だ!
そんな肉食の最前線に送り込まれ「敵は炭火の上で煙を上げ出撃準備中!よーし、喰いまくってやるぜ!」なーんて、こんなにテンション上がる食の現場も久しぶりだなあ。
[PR]
by wshakoda | 2009-06-15 19:11
カフェ“あぴ”のプリン
e0114208_12105634.jpg

“カヨカリ”でスープカレーを食べた後にプリンである。
西鉄平尾駅のそばにある、小さな可愛いカフェ“あぴ”で、あぴプリンを食べた。
全然柄じゃ無いって感じだろうけど、結構好きなのよね。
七山村の自然卵とノンホモ牛乳「伊都物語」から作られた、とってもあっさりして美味しいプリンなのである。
焼きたてのクッキーも美味しかったし、定食も食べてみたいなあ。
次回はぜひともいただこう。
そして西鉄に乗り「T-BONE PLAYBOYS」のマミーが待つ久留米へ向かうのであった。
[PR]
by wshakoda | 2009-06-15 12:10
ホルモンの翌日はスープカレー
e0114208_3183640.jpg

“いまとみ”さんとは何本か筋違いのご近所にスープカレーの“カヨカリ”があるのだ。
いつものように“カヨカリ”の店内に布団を敷いて宿泊。
昨晩、調子に乗ってかなりいい時間まで飲んでしまったもんで、さすがにつらいものがある。
そんなお昼にこのスープカレーは優しいなあ。
ある種、味噌汁のように胃にしみるのである。
[PR]
by wshakoda | 2009-06-14 03:18
“いまとみ”の夜は更けて
e0114208_2563721.jpg

“いまとみ”のご主人、今富さん登場である。
私共々、かなり絶好調な時間帯に突入!
あれこれ音楽をかけながら、調子に乗って結構な時間まで飲んでしまったなあ。
いやあ、楽しい時間でした!
それにしても、落ち着いたたたずまいの店内に、ニンニクのバッチリ効いたホルモンの匂いが充満している。
明日の開店までに匂いは消えるのであろうか!?
[PR]
by wshakoda | 2009-06-14 02:56
ホールモーン!
e0114208_2392530.jpg

“いまとみ”さんの打ち上げのメイン・ディッシュは、上品なお蕎麦屋さんのイメージとはまるで正反対!
ご覧の通りのコテコテの一品である。
ぶりぶりのホルモンを玉ねぎとキャベツと共に特製の味噌ダレで炒める!
味噌ダレがからんだうどんがこれまた美味い!
[PR]
by wshakoda | 2009-06-14 02:39
“蕎喰(そばぐい)いまとみ”ライブ!
e0114208_20221429.jpg

鹿児島から福岡へ移動して蕎麦屋さん“いまとみ”でライブ。
25名程のお客さんがゆったりと座ってまだ余裕のある店内。
結構広いスペースなのだが音響機材は一切使わず、生声!生ウクレレ!である。
通常、このくらいの広さで生音ってのは結構しんどいものがあるのだが、ところがどっこい、これがなかなか良い感じ!
店内の構造、壁や床の素材、演奏した位置等、いろんな要因が考えられるが、なんとも心地好い響きかたで、店内にむらなく音が行き届いているという手応えがある。
皆さん美味しい料理を食べ、美味しい酒を飲みながら楽しい雰囲気。
真正面に座り、初っ端から一人先行逃げ切りで盛り上がっていた純子さん。
しっかり踊ってくれてありがとう!
楽しい夜でした。
ライブ終了後、ご主人、スタッフの皆さん達と店内で打ち上げ。
写真はこんにゃくの刺身と肉じゃが。
美味い!
[PR]
by wshakoda | 2009-06-13 20:22
“ふくまん”のラーメン
e0114208_21445093.jpg

三日間過ごした鹿児島。
5月14日は協同の組織“むぎのめ”のチャリティー・ライブ。
なかま達みんなすごく盛り上がってたなあ。
屋久島出身の女の子が、私のウクレレが屋久杉で出来ているのを知って、とても嬉しそうだった。
またライブやりたいね!
15日の“T-BONE”は謎のサモア人「マミー」のいない「T-BONE PLAYBOYS」と共演。
当然のことながら全く違うバンドになっちゃうね。
すごく正統派って感じだけど、これで普通なんだよな。
これはこれでまた良し。
16日は川内で木下航志君の二十歳の誕生日記念ライブ。
初めて会った時は中学生だったかな。
早いもんである。
子供の成長を傍らで見ている気分だな。
それにしても、いつも愛情溢れる人達に囲まれているとつくづく思うなあ。
さて、鹿児島を離れ福岡に向かう前に一杯。
かつては“鷹”と店を並べていた“ふくまん”である。
移転して広くて立派になり、いつも賑わっている。
二つの店が入っていた建物は取り壊されて跡形も無くなっていた。
なんだか段々味気無くなっていくなあ。
[PR]
by wshakoda | 2009-06-11 21:44