ブログトップ
ウクレレ抱いた渡り鳥
wshakoda.exblog.jp
<   2010年 09月 ( 22 )   > この月の画像一覧
35年ぶりの対面!
e0114208_14325194.jpg

e0114208_14325116.jpg

e0114208_14325150.jpg

私が高校三年生の夏に、宗谷本線を走るこの「C5550」と会っているのだ。
なんとも感慨深い。
形そのものは残っているが、もう二度と動くことはない冷たい鉄の塊。
生と死を感じるなあ。
三枚目の写真は、いくつものバルブ、圧力計が並ぶキャブの中。
かつては、燃え盛る石炭の熱気と蒸気と油の匂いに満ち満ち、まさに命が脈動していたんだなあ。
なんとも淋しい気持ち。
[PR]
by wshakoda | 2010-09-30 14:32
“小樽交通記念館”
e0114208_10273575.jpg

e0114208_10273559.jpg

e0114208_10273511.jpg

“北海道鉄道記念館”が一時閉館となり、新たに整備され“小樽交通記念館”としてオープン。
前から来たかったんだなあ。
やっと望みが叶った。
広い敷地内に北海道内で活躍した、蒸気機関車、ディーゼル機関車、電気機関車、気動車、客車、貨車、ラッセル車等が展示されている。
冬は雪に覆われ、しかも海に近く塩害もあるという野外での保管条件は厳しく、車体には傷みが見られる。
塗装等の保守は相当大変なことであろう。
頭が下がる思いである。
[PR]
by wshakoda | 2010-09-29 10:27
9/9(木) タラバガニ〜!
e0114208_21441762.jpg

e0114208_21441746.jpg

e0114208_21441713.jpg

ライブの翌日“レノンセンス”の堺さんと「昼飯を食いに行こう!」と向かったのは“高橋水産”。
食堂でもレストランでもない、小樽の私の兄弟、高橋さんの営む蟹専門の水産物店である。
到着するや「どれにする?」と生け簀のタラバガニを選び、それを即茹でる!
「ここで食べるの?……ってことだ!」とこの信じられない展開を現実と認識するのにちょっと時間がかかった。
商店の奥のテーブルに新聞紙を敷き詰め、兄弟がバシバシとタラバガニを食べやすく解体してくれる。
茹で上がったばかりの美味さ!
「嗚呼!……おお!……ただただ無言の感激!」
更に近所の“巽鮨”から握り寿司が!
もう何も申しません。
この上ない贅沢!
とんでもなく御馳走になりました!
写真は小樽の愛すべき兄弟、高橋さんと。
[PR]
by wshakoda | 2010-09-28 21:44
9/8(水) 小樽“華舟”
e0114208_20373798.jpg

苫小牧から車を借りて小樽へ。
“レノンセンス”でのライブの前に“華舟”で塩ラーメンと餃子。
嗚呼、この普通な感じが良いね。
心が和む様な塩ラーメンのスープがありがたい。
小樽の街の裏小路には、時間が止まった様な風景がまだまだ残っててホッとする。
[PR]
by wshakoda | 2010-09-28 20:37
ブルーベリー!
e0114208_15405177.jpg

千歳の原野にぽつりとある“祝梅温泉”に連れて行ってもらった。
簡単には辿り着けない、秘湯中の秘湯である。
湯上がりに、そこで栽培しているブルーベリー!
それもこんなに大粒なのがこんなに大量に!
こんなの生まれて初めて!
食べ始めたら止まらな〜い!
[PR]
by wshakoda | 2010-09-24 15:40
岩見沢→苫小牧
e0114208_157718.jpg

e0114208_15779.jpg

関さんと岩見沢で別れ、室蘭本線をディーゼル・カー一両編成の列車でのんびりと苫小牧へ向かう。
その昔は一大幹線であった室蘭本線も、今じゃ列車の本数もまばらな、のどかなローカル線である。
交通の要衝であった鉄道の町、追分駅も空き地ばかりが広がる小さな駅となっていた。
[PR]
by wshakoda | 2010-09-24 15:07
9/7(火) 富良野“唯我独尊”のカレー
e0114208_1428167.jpg

富良野に来た観光客は必ず食べる、と言っても過言ではないここのカレー。
ビーフ・カレーにサービスでソーセージをトッピング!
こく深い独特の味。
久しぶりに美味いねえ。
掘っ建て小屋の様なお店だが、昔はこの二階に住んでいたそうな。
北の峰の“山の独尊”にはよく泊めていただいた。
真冬に長期滞在して、部屋の窓から雪景色を眺めながらウクレレ弾いたりして。
そんな頃が懐かしい。
[PR]
by wshakoda | 2010-09-24 14:28
富良野“くまげら”
e0114208_11272924.jpg

“傷つく森の緑”の良男ちゃんも相変わらずの元気さ!
ママも元気そうで何より。
ライブの前に“くまげら”で、しめさんま定食をいただく。
さっと酢をくぐらせたさんまが、こりゃあ美味い!
そしてキムタクもお気に入りだと言う、アイヌネギの醤油漬けが強力に効く〜!
前にも実感したことがあるけど、ちょっと疲れてるなあ、なんて時に食べれば即効性。
頭はシャキーン!
むくむくと精力がみなぎって来る感じ。
その勢いでライブに突入!
“くまげら”の森本さん、“唯我独尊”の宮田さんも来てくれ、楽しい一夜。
最後は、カナダのシンガー・ソング・ライター、Bruce Cockburnの最近のライブ映像に見入ってしまった。
美しい枯れ方だなあ。
素晴らしい!
[PR]
by wshakoda | 2010-09-24 11:27
9/6(月) 芦別“パPa”のラーメン
e0114208_10424437.jpg

芦別にはかつて“赤シャツ”という喫茶店があった。
喫茶店なのだが、ラーメンが美味くて“DYLAN”でライブがあれば必ずと言って良いほど食べていた。
そんな“赤シャツ”が閉店してしまってから幾久しいが、その店舗をそのまま居抜きでラーメン屋さん“パPa”が開店。
スープに浮いた背脂の感じ等“赤シャツ”のラーメンをよみがえらせた様な味で、うれしい美味さである。
まりちゃんこだわりの「みそラーメン」てのも気になるなあ。
[PR]
by wshakoda | 2010-09-24 10:42
石焼きおじや!
e0114208_1359847.jpg

石焼きおやじではない。
熱々に熱した石鍋にご飯を入れ、そこに飲み干さず残しておいたラーメンのスープをレンゲで少量ずつ入れる。
いっぺんに入れると吹きこぼれちゃう。
グツグツと煮立ったところに、刻みネギと刻んだチャーシューを入れ、溶き卵を注いで出来上がり!
いやあ、これまた美味〜い!
追加料金200円也!
最後まで感動的に美味い“たちきゅう”でした。

旭川市忠和5条8丁目2番18号
11:00〜20:00
定休日:水曜日
[PR]
by wshakoda | 2010-09-19 13:59