ブログトップ
ウクレレ抱いた渡り鳥
wshakoda.exblog.jp
<   2011年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧
9/30(金)八女・土橋市場でライブ!
e0114208_1823296.jpg

e0114208_1823255.jpg

e0114208_1823282.jpg

e0114208_1823258.jpg

五月に初めて訪れた八女。
町のあちこちに、古い建物・町並みが残り、嬉しくなって自転車でぐるぐると走りめぐった。
そんな中でも一番の異空間、土橋市場。
正に、時間が止まったままの過去に迷い込んだ様な錯覚を覚える。
そんな土橋市場のど真ん中で、今夜はライブ!
異空間の中に、更に異空間が出現!?
写真の土橋市場組合の事務所前で、私とMoccolyが歌い踊るのである。
[PR]
by wshakoda | 2011-09-30 18:02
“二本松幼稚園”
e0114208_142872.jpg

e0114208_1428768.jpg

e0114208_1428745.jpg

今日は十五夜。
夕方からは“二本松幼稚園”でお月見会。
幼稚園に到着すると園児達が一生懸命お団子を丸めてる。
さあ、お団子を丸め終わったら、お待ちかね、Moccoly & ふっくんの登場!
3回目の訪問となるMoccolyは園児達の人気者!
というか友達?
同級生レベルの付き合い?
嬉しいことに“二本松幼稚園”では、子供達が『愛のゲンコツ』のDVDを見て練習し、踊ってくれているのだ。
そしてなんと!運動会で踊りを披露してくれたのだ!(三枚目の写真が運動会当日の模様)。
尚、“二本松幼稚園”でのライブと運動会の模様が「コアラテレビ」にて放映される予定です!
放映日時が決まり次第お知らせします。
ふっくんが作り歌い、Moccolyが振り付けた『愛のゲンコツ』を世界で初めて踊ってくれている幼稚園!
感激だなぁ。
目の前で踊る子供達を見て感無量のふっくんである。
そして二枚目の写真は「岡地曙裕 & 長見順ちゃん+ふっくん & Moccolyが“二本松幼稚園”の事務室でお月見団子を食べる」という、なかなか有り得ないショット。
タイミング良く福島の家にいた岡地夫妻がライブを見に来てくれた。
福島で、この四人で何かやれたら面白いねぇ。
大きい団子や小さい団子。
子供達、一人一人、それぞれ。
いつまでも、いつまでも、みんなが幸せであるように!
青空が、いつまでも、みんなの上に輝くように!
僕は守る、愛のゲンコツで!
[PR]
by wshakoda | 2011-09-23 14:28
9/12(月) 二本松“カトリック幼稚園”
e0114208_11552894.jpg

e0114208_1155289.jpg

e0114208_11552880.jpg

午前10時から“カトリック幼稚園”でMoccolyと二人で歌って踊って!
みんなで楽しく踊って踊って!
福島の中通り、福島〜二本松〜郡山は放射線量の数値が高くて園児が園庭で遊べない状況である。
目に見えない、とんでもないモノが確実にそこに降り積もっているという現実。
一日中でも、外で走り回り泥だらけになって遊びたいよねぇ。
それこそ裸足になって土を踏み締めたいよねぇ。
それが叶わない現実が目の前にある。
『愛のゲンコツ』と『チャンポンダマンボ』を歌って踊れば、初めての子供達が見様見真似で楽しそうに踊ってる。
私のウクレレでMoccolyと一緒に自由に踊ろう!
右に伸びたり左に伸びたり。小さくなったり大きくなったり。
くるくるくるくる腕を回したり。跳びはねたり。
みんな夢中になって動きまくってた。
少しでも楽しい時間を過ごしてもらえたなら幸いである。
ちなみに、園児達にも呼びやすい私のニックネームを考えよう、ということで決まったのが「ふっくん」。
園児達に「ふっく〜ん!」と呼ばれ「は〜いっ!」と明るく答える私です。
[PR]
by wshakoda | 2011-09-23 11:55
9/11(日) 福島県二本松へ
e0114208_1621456.jpg

e0114208_16214591.jpg

お昼過ぎに亀有でMoccolyを乗せ、一路二本松へと走った。
三郷南→(外環道)→三郷JC→(常磐道)→いわきJC→(磐越道)→郡山JC→(東北道)→二本松。
途中、常磐道のいわきが近くなる辺りから路面の凹凸が見られる様になり、磐越道に入ると完全に波打つ様な箇所が続いた。
通常、高速道路でこんな路面は有り得ない!
早くも、走行中に震災の被害を実感するとは思わなかった。
二本松へ到着後、明日使用する器材を借りに行き、そのまま岳温泉の“岳の湯”へ。
温泉街の入口にある入湯料300円也の公衆浴場。
なんだかわからない写真であるが、暗闇に明かりが灯る“岳の湯”の玄関付近である。
とにかく熱い!
硫黄臭の熱いお湯である。
先ずは足だけ浸かり、その後腰まで。
ちょっと慣れたら肩まで少し浸かってからしばらく休憩。
熱い!暑い!汗が止まらん!
と湯舟の脇に腰掛け、ささやかな涼風に救いを求めていると、常連さんと思しきかなりの強者が、ザブザブと湯舟に入るや窓をパタパタと閉めてしまった!
あ〜あ、閉めちゃった……。
強者は、熱いお湯の湧き出し口のそばに、しばらく肩まで浸かるや、その後湯舟の中で腕立て伏せ(?)の様な運動を始めた!
何なんだ〜っ?!
湯舟から上がっても、洗い場の鏡の前で謎の運動をしていた。
この人より先に上がる訳には行かない。
何故かそう思い、私も、湯舟に入ったり出たりを数回繰り返し“岳の湯”を堪能……というかやり過ぎ!
強者は常連仲間に挨拶をして出て行った。
二本松の町へ戻り、過度な温泉効果のために倒れて熟睡。
起こされて、Moccolyと二本松のアフリカン・チーム「ゆるゆる」の打ち上げに合流。
蔵を利用した、なかなか良い雰囲気の居酒屋の2階は貸し切り状態。
宴もたけなわとなる頃、お座敷ライブ開始!
「ゆるゆる」のメンバーは全員女性!
全然ゆるゆるじゃな〜い!
パワフル!濃厚〜っ!
しかも私と年回りが近かったりして。
「もう閉店の時間なんですけど……」と言われるまで盛り上がったのでした。
初めてやって来た二本松の夜も「とても楽しかった」っていうカタチで終了。
「ゆるゆる」の皆さんに会えて良かった、っていうカタチだなぁ。
[PR]
by wshakoda | 2011-09-22 16:21
8/30(火) 小樽・花園“久松”
e0114208_15574491.jpg

e0114208_15574488.jpg

小樽昭和32年会、小樽の兄弟、一彦ちゃんと小樽の街を飲み歩く。
炉端焼き→寿司屋→ラウンジ→“レノンセンス”→スナックとはしごして、もう帰宅するかと思いきや“久松”で止めのラーメン!
深夜に開店して朝までの営業なもんで、なかなか辿り着けないこのお店。
外観から店内まで、昭和20年代の創業当時のまま時間が停止している。
古きよき時代がここにあった!
庶民的文化遺産に登録して永久保存して欲しい!
そんな嬉しくなる雰囲気の中食べるシンプルで優しいラーメン。
しみじみ美味〜い。
嗚呼、なんとも長い一夜の終わり。
[PR]
by wshakoda | 2011-09-16 15:57
お餅つきのおご馳走!
e0114208_14404727.jpg

e0114208_14404737.jpg

つきたてのお餅も美味いけど、炭で焼いた厚岸産のカキが、なまら美味い!
見事なまでに丸々と太ったやつを、ミディアムぐらいの焼き加減でいただく!
そして苫小牧と言えばホッキ。
ご当地でなければ味わえない、この活きの良さ!
美味〜い!
毎年楽しみにしている、夏の終わりの一大行事。
今年も終わってしまったねぇ。
また来年!
みんな元気で!
[PR]
by wshakoda | 2011-09-16 14:40
8/28(日) 苫小牧清水家でお餅つき
e0114208_2054971.jpg

e0114208_2054942.jpg

e0114208_2054976.jpg

毎年恒例。
8月末、夏の終わりは苫小牧の清水家でお餅つき。
何よりも早く、何よりも最優先で確定となる重要な行事である。
何てったって、この日を中心に北海道内のライブ日程が決まるのだ。
旭川駅8:00発の特急に乗り、岩見沢で乗り換え室蘭本線で苫小牧へ。
昔は一大幹線だったが、今はのどかなローカル線。
一両編成のディーゼル・カーがエンジン音もたからかに走る。
窓の外を雄大な風景がゆっくりと過ぎて行く。
昔ながらの汽車の旅気分にひたれる、好きな路線である。
到着するや、連日連夜の飲み過ぎもなんのその、ビールで乾杯!
縁起物なので、必ず餅をつかせもらうのだが、大した回数ついてないのに腕が痛い!握力無くなる!
大変な重労働である。
しかし、つきたての餅は美味い!
そして、お昼の休み時間にライブ!
隣で木の棒を叩きながら踊るのは“アミダ様”のツルさん。
[PR]
by wshakoda | 2011-09-06 20:05
8/27(土) 旭川“ダイヤモンド・カフェ”
e0114208_1543693.jpg

e0114208_1543622.jpg

e0114208_1543661.jpg

初日から飛ばし過ぎて4時までのコース。
翌日26日は“Begger's Harlem”でライブ終了後に飲んで、気が付けば3時。
こりゃいかん!早く帰って寝よう!
と思いきや、携帯電話にパーカッションの田中倫明=ミチアキーノから「札幌に来ていて“FM”で飲んでます!」との着信が。
ええ?!また“FM”かぁ。こりゃ危険だ!
ミチアキーノと久しぶりに会う。それも札幌でなんて、ちょっと嬉しい。
そして「もう一人面白い奴が今来るから」との更に危険な発言。
ええ〜っ?!
現れたのは某S.L.T.というバンドのギタリスト・N村!
なんと17年ぶりの再会。
こりゃあもう仕方ない。
いやがおうにも盛り上がる!
店を出れば完全に陽は昇り、朝〜っ!
6時までのコース!
ちょっと昔なら、よくあることって感じだけど、50も半ばになると、いささか辛いねぇ。
そして、三日目は旭川“ダイヤモンド・カフェ”で「ダイヤモンド・アワー」というイベントである。
地元旭川の千葉かよ子にキムチキャッツ。
札幌から松竹谷清君も参加して、DJあり、美味しい食べ物食べ放題というとても楽しいイベントだった。
写真は松竹谷清+キムチキャッツ。
今回のキムチキャッツは、三人の重量級大型女性コーラスが抜群の存在感で迫力あったなぁ。
ゴージャス!
白いスーツでビシッと決めた、堀さんの歌とウクレレも良かった。
最近、急上昇のキムチキャッツ!
旭川・チャンポンダマンボ・ダンサーズもバッチリだし、『テキーラ』で踊りまくるダンサーズもSexy!
いろいろと充実の旭川だなぁ。
最後は、松竹谷清+キムチキャッツに私もSaxで加わり『ダンス天国』でどかーんと盛り上がった!
ますます面白くなる予感の旭川である。
[PR]
by wshakoda | 2011-09-04 01:54