ブログトップ
ウクレレ抱いた渡り鳥
wshakoda.exblog.jp
<   2011年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧
10/29(土) 旭川“ダイヤモンドカフェ”の並びの立ち食いそば
e0114208_123560.jpg

富良野まで“傷つく森の緑”の良男ちゃんに会いに行った。
今年はライブが叶わず、でも、どうにも会いたくて。
前にも書いたけど、富良野の駅舎と駅前は本当につまらなくなったよなぁ。
旅の情緒も何も無い。
街中は以前にも増して淋しくなった様な感じだし、なんで今更、駅前をこんなに整備する必要があったのだろう。
責任者出て来〜い!
夕方“傷つく森の緑”に到着してから深夜の2時過ぎまで、ずぅ〜〜っとCD聴いてDVDを観ていた。
相変わらず良男ちゃんは濃厚である。
でも、元気で良かった。ママも。
翌朝お店に行ってから駅に向かうまでの時間も、ずぅ〜〜っとCD聴いてDVDを観ていた。
良男ちゃんに見送られ、富良野線で旭川に向かう。
旭川の駅も高架に建て替えられて、これまた味気無い。
日本最北の高架駅だと。
それがどうした!?
“ダイヤモンドカフェ”の並びにある立ち食いそば屋さんで、ゲソ天玉そばを食べる。
美味い!美味い!
私は立ち食いそばが大好き。
毎日食べても良いよ。
最高のファスト・フードである。
ここのゲソ天はかなりのインパクトだなぁ。
こりゃまた食べたい!
ここでは、ゲソ天丼とそばのセットってえのが最高のチョイスの様だ。
とにかく安くてヴォリューム満点!
立ち食いそばと言えば、品川駅のコンコースにあった“常盤軒”が最高だったのだが、いつの間にか無くなってた。
ホームにはまだあるけど、あそこが良かったんだよな。
全くつまらないことしやがる。
[PR]
by wshakoda | 2011-11-27 01:23
10/28(金) 札幌“キノ・カフェ”
e0114208_18262084.jpg

最近の札幌での昼の定番。
飲み疲れの体に優しい“キノ・カフェ”のミネストローネとサンドのセット。
いつもは、ローストポークとマッシュポテトのサンドだけど、今日はクリームチーズと野菜。
これも美味いなぁ。
日当たりの良い窓際のテーブルが指定席。
暖かい日を浴びながら、ボーッとした頭で昨夜を振り返り反省……する訳ないか。
そうだ、昨夜ライブをやった二条市場の“ガンゲット・ダイマ”もとても良い雰囲気のお店だった。
二条市場の細い路地には楽しそうなお店がいろいろある。
昔ながらの小さな居酒屋とちょっと洒落たお店が混在している。
ライブ終了後、松竹谷清君のお店に寄って軽く一杯、のつもりがなかなか帰れず。
とにかく良い曲ばっかりかけるんだなぁ。
Jump & Jive系で楽しく盛り上がって、そろそろ出ようかなぁと思った途端に、The Bandの「Northern Lights, Southern Cross」!
帰れないじゃん!
[PR]
by wshakoda | 2011-11-26 18:26
また帰って来るよ、増毛!
e0114208_14274044.jpg

寂しい……寂しい……、って何度も言うもんで、増毛の方々はあんまり良い気がしないかも知れないけれど、私としては今日のこの時に来てとても良かった。
勿論、人で賑わい活気がある時期も楽しいのだろうけれど、最初にこんな増毛を体感出来て良かった。
いろんな想いが胸に湧き、いろんなことを考えさせてくれた。
「また帰って来たい」って、強く思った。
その時も、当然、汽車で終着駅に降り立ちたい。
[PR]
by wshakoda | 2011-11-24 14:27
増毛の夜も更けて……
e0114208_13302547.jpg

e0114208_13302612.jpg

“福よし”は、お寿司屋さんだったのだが、お寿司を食べず仕舞いのうちに終了。
「美味い!美味い!」と盛り上がっているうちに閉店間際!
増毛の夜は早いのである。
寝静まった街。
暗闇にぽつりぽつりと灯る飲み屋の明かり。
その明かりをひとつひとつ辿る様に歩く。
灯台の明かりを頼りに港へ帰る船の様な気分である。
辿り着いた“すなっく・樹林”は昨夜の“エルザ”の並び“ろばた”の隣であった。
和風の造作が施された、落ち着いた雰囲気の店内。
カウンターから振り返って見ると、狭い座敷があり、すごく小さなテーブルが三台並んでいた。
そこだけ「ん?居酒屋?食堂?」って、ワープしちゃった様な不思議な空間。
そして、いただいたのがソルティードッグ!
いゃあ、久しぶりに飲んだなぁ。
予想外の展開だが、これが美味い!
増毛の深夜はソルティードッグなのだ。
そして“樹林”に埋蔵されていた遺跡発掘!
なんと!びっくり!
33年前の開店記念の粗品が完全な形でいくつも戸棚から出て来た!
なんと!ホッチキス!
当時のマッチも沢山!
年月が経っていてもちゃんと着火する。
マッチを擦って火をつけるなんて何十年振りだろうか。
そうなのだ!
火がつくって、こういうことだよな。
何本も擦った。
忘れていた、とても大切なことを思い出させてくれた……。
いろんな懐かしい物が、あちこちに埋蔵されていそうな。
止まったままの歴史が、大切に閉じ込められている様な町、増毛である。
[PR]
by wshakoda | 2011-11-22 13:30
増毛“福よし”
e0114208_1733054.jpg

e0114208_1733195.jpg

タコザンギにイカの三升漬け。
タコザンギとはタコのから揚げ。
柔らか〜いタコ。
いゃあ、これもなまら美味い!
増毛はタコも名産!
そして、イカの三升漬け。
これも、たまらん美味さだなぁ。
國稀の燗酒が進む!
続いては、関山さんのこんにゃくの刺身。
これまた美味いなぁ。
などと「美味い!美味い!」を連発しいると、ここのご子息とおぼしきちびっ子が帰って来た。
なんと、午前中にライブをやった保育所に通っていたのだ。
奥の座敷にいる私を見つけ「あっ、ウクレレさんだ!」と言って、びっくりした様な、嬉しそうな様な顔をして何度も覗きに来た。
可愛いねぇ。
福島の二本松じゃあ“ふっくん”。
増毛じゃあ“ウクレレさん”かな。
あちこちの保育所や幼稚園に、どんどん行きたくなって来た。
[PR]
by wshakoda | 2011-11-20 17:33
増毛・保育所ライブ終了のの後
e0114208_16493328.jpg

e0114208_16493325.jpg

e0114208_1649332.jpg

留萌のコイン・ランドリーまで洗濯をしに連れて行ってもらった。
洗濯が終了するまでの間に昼飯。
お昼前なのに、すでにほぼ満席という人気の韓国料理店“高麗館”でユッケジャンラーメンを食べる。
このスープの色。
かなりの辛口だが、スープの旨味がクセになる!
全部飲み干す程の美味さ!
隣では昼間からジュウジュウ焼いてるし。
ホルモン焼き定食も美味そうだなぁ。
また訪れたい“高麗館”である。
洗濯を終了して増毛に戻り、その昔鰊漁に使用した木造の船を見たり“國稀酒造”で試飲をしたり。
そして日も暮れ、増毛の第二夜の始まり!
今夜は“福よし”!
とにかく美味い、海の幸!
まずは刺身盛り合わせ。
どれも美味いけど、増毛じゃあ何と言っても、甘エビ。
「エビまつり」ってえのが開催されるくらいエビエビな町!
続いてはホヤ。
増毛ではホヤは結構食べられているのだそうな。
大のホヤ好きとしては嬉しくなる様な話。
[PR]
by wshakoda | 2011-11-20 16:49
10/26(水) 増毛の保育所でライブ!
e0114208_1234217.jpg

午前中に保育所のお誕生日会でライブ!
保育所に到着するや、ちびっ子が集まって来て「何すんの〜?」「これな〜に?」。
9月の二本松の幼稚園ライブ以来、ちびっ子のアイドル「ふっくん」だなぁ。
そして保育所内には『チャンポンダマンボ』が鳴り響き、子供達が「チャンポンダマンボ〜、チャチャチャ!」と歌っているではないか!
昨夜のライブに保育所の先生方も来てくれ、CDを購入してくれていたのだ。
朝からかけてたら自然と覚えて歌っているそうな。
お〜、素晴らしい!
みんなで「L・O・V・E」やって、大きな声で「ウクレレ・ベイビ〜、ハイハ〜イ」に「ツンパッ!」。
おまけに「パンツ〜丸見え!」。
『チャンポンダマンボ』を先生方も一緒にみんなで踊って盛り上がった。
アンコールまでしてくれて、どうもありがとう!
楽しいお誕生日会になったかなぁ。
みんな、本当に無邪気で可愛いなぁ。
最早、孫に接するおじいちゃんの心境である。
[PR]
by wshakoda | 2011-11-04 12:34
増毛の夜、スナック“エルザ”
e0114208_15182737.jpg

e0114208_15182753.jpg

増毛駅で出迎えていただいた後、ライブもやっているお店“ポルク”へ行きポーク・カレーを食べる。
天気が良ければさぞかし見晴らしが良いであろう、木の温もりのあるお店だ。
宿泊した“オーベルジュ・ましけ”も、目の前が海という素晴らしいロケーションだったが、横殴りの雨と風、海は大時化!
自然の厳しさを体感の宿!
そして日も暮れ、暗闇にぽつりぽつりと明かりが灯る飲み屋街。
歌って踊れるスナック“エルザ”は広い!
まさにライブをやるために作った様なスペース。
お店の常連さん達も盛り上がり踊っていただき、楽しいライブだったなぁ。
『チャンポンダマンボ』もしっかり練習!
ライブ終了後は、ぽつりぽつりのもうひとつの明かりへ。
“エルザ”の並びの居酒屋“ろばた”で一杯。
見回せば、なんと、お客さんはさっき“エルザ”にいた人ばかり。
写真は八角の刺身。
増毛の地酒「國稀」の燗酒で乾杯!
美味い!
増毛の第一夜は静かに更けて行くのであった。
[PR]
by wshakoda | 2011-11-03 15:18
終着駅、増毛……
e0114208_12153070.jpg

生憎の天気の中、深川を発車した一両編成の気動車列車(ディーゼル・カー)がエンジンを唸らせて走る。
枯れた色の田畑を過ぎ、色づいた山へ分け入り峠を上る。
雨に濡れた景色が、冬に向かう寂しさをいっそう深めている様だ。
途中、NHKのドラマの舞台となった明日萌駅(恵比島)を過ぎる。
最早、過ぎた過去の話なのだなぁ。
撮影当時のセットの駅舎の寂しさよ。
留萌を出て荒涼たる日本海を右に見ながら列車は増毛へと向かう。
そして、終着駅、増毛。
ずっと、寂しい……寂しい……と心につぶやきつつ車窓を眺めていたが、ここまで寂しいとは思わなかった……。
まさか、終着駅の増毛までもが無人駅とは……。
感無量。
ライブを主催してくれたお二人が、行き止まりの線路の向こうで待っていてくれた。
汽車で来て良かった!
こんな感動的な出迎えは初めてである。
これぞ出迎え!
生涯忘れられない一場面。
増毛に来た。
強くそう思った。
[PR]
by wshakoda | 2011-11-03 12:15