ブログトップ
ウクレレ抱いた渡り鳥
wshakoda.exblog.jp
こしょうみな
e0114208_23851100.jpg

日本全国どこへ行っても、磯にいる小型の巻貝を茹でて食べる。
呼び名も様々である。
一般的なのは円錐形のベーゴマのような形のものだが、このイボイボのついた形。これは初めて食べた!
「こしょうみな」のこしょうは胡椒の意味だが、ピリピリと辛いようなしびれるような、そんな味が後から口の中に広がる。
貝のある一部分が辛さの元だそうだが、このしびれるような感じは、ある種毒素のようなものかと思ったり。
北海道のツブ貝も、ある部分を取らないと酔うって言うしね。
と言いつつ、辛いようなしびれるようなこの味が、焼酎のつまみに最高なのだ!
[PR]
by wshakoda | 2007-07-31 23:08
<< タコでーす アワビーっ! >>